深圳・華強北電子街へスイッチを探しに行った。(その2)

(その1はこちら)

華強北についたのは朝8時前。
店が開くのは10時ごろときいていたのでMobikeで電子街の終点・華新駅まで移動、
ツインタワーのホテルの別館にある飲茶の名店「鳳凰楼」の開店を待ち、そこで早茶。


えびシュウマイ、今まで日本で食べてたのはRealAudio 32kppsレベルだったというぐらい、
味がハイレゾすぎる……!

機内で食べたファミマのおにぎり以来の食事。
無限に淹れるプーアル茶をガブガブ飲み、
天下一武道会・終了後の亀仙流の面々か!ってぐらい食べても2150円くらい。(1元=15.5円計算)

注文はメニューにチェックしてウェイターに渡すだけ、
中国語会話が一切わからなくても注文できるので飲茶、マジおすすめ……。
漢字のメニュー、どんな料理かわからなくても
中国の食べログみたいなレビューサイト「大衆点評」のアプリでこの店の紹介ページを開けば
写真も大体載っているのでほぼハズレなし。
ちなみに大衆点評、あらゆるエンタメの店が網羅されているので
映画館もエロくないスパ・サウナもすぐ探せるわ、
検索で「玩具」とか「saizeriya」とか「GIANT」とか入れればそんな感じの店が見つかるわで、現地で相当役に立った…。

華強北の入口、賽格電子広場(SEG PLAZA)の真向かいにある安宿
予めagodaで予約しておいたので早めにチェックインができないか、いったん戻る。

華新駅から華強路駅までの華強北のメインストリートには年末、食べ物と服、ロボットまで売る屋台が出現!

なんだか既視感、まるで大須商店街だ……。
(つづく)

深圳・華強北電子街へスイッチを探しに行った。(その1)


年末は刑務所に入って
「えびっぷり」と小振りのミカンでも食べたい……と
しょうもないことを思っていたが
アジア最強の電子街が香港の上の街、深圳にあると知り、急にイキイキ。
年末年始の休みを利用して、3泊5日で行ってきた。


使ったのは地元・中部国際空港発、春秋航空の深夜便。
出発は22:40と名古屋民なら仕事終わりでも向かえるような時間設定。
早めに行って「えびせんべいの里」で試食のせんべいをバリボリかじり、
向かいの「風の湯」でサウナ→ターミナルを見ながら激寒外気浴を堪能……。

LCCは追加で料金を払ってでも、足下が広い席の方がいいという話を聞き
トイレに行きやすい3列目の通路側の席をネット予約。
しかし、セントレアの出発カウンターでは
ネットで買えなかった1列目、2列目の席が現金で買え、優先搭乗できるという謎の状況。
なんなんそれ……。

今回は手荷物が7kg以下の「スプリングクラス」。
寸法が40×30×20cm以下という厳しい条件に合うようなリュック、
CabinZero CZ08 CLASSIC (28L)をAmazonで買い、着替えとお菓子だけ詰めていった。遠足か!
パッキングがヘタで若干モコッとしたが無問題、無問題……。


手荷物をごまかす爆買い中国人よりも
かさっとしたリュックだけの旅慣れたバックパッカーカップルの方が印象的だった。


深圳・宝安国際空港に着いたのは夜中の2:30。
深圳駅のある「老湖」までいく空港バスの最終便に間に合わず、
ロビーでウロウロしていたら白タクの勧誘を朝まで受け続けることに……。


空港から6:30ごろ発の始発の地下鉄に乗り、
1回乗り換えて、華強北電子街の入口「華強路」駅で下車。
日本で設定、500円分チャージしていたMobikeアプリも無事に動作!
(つづく)